スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌の住宅街の名店 寿司 懐石処 光

平成元年に建てたこちらのお店は、20年以上経っている今も、古びた雰囲気はまったく感じられません。
大将は、80歳を超えた今も現役の寿司職人。最近、北海道ミシュランにものったそうです。

希少な木曽桧の一枚板カウンター

この店の木曽桧のカウンターは、うつくしいままです。
大将は、20年以上も桧のカウンターの向こう側で、仕事をしてきた人ですから、手入れの方法も、一番知っています。
だから、時々、この木曽桧のカウンターに座り、桧のカウンターの手入れ方法について、レクチャーを受けます。
本やお店で聞くよりも、確かな情報です。
手入れの方法を聞きながら、カウンターをさわったり、眺めたりしているうちに、実感として湧いてくるのです。
本当に木は、長く使えるし、古びない。温もりが合って、安らげる。と

さて、おすすめの握りは

ホッキ貝

ホッキ貝にぎり

丁寧に下ごしらえしたホッキ貝は、ほんとうにツヤツヤで色がきれい。
見た目にほれぼれしつつ、身はプリッとしてじゅんわりと甘みがあります。


イクラ
写真を撮るのを忘れるほど、美味
味付けが良いのです。やや薄味なので、イクラの甘みが口の中で、ほわんと広がります。そして質の良い海苔の香りが広がります。イクラのしょっぱさもしょう油くささもないのです。そして皮が薄く、一粒一粒がプリッとしています。




カニにぎり

甘みがあって、おかわりしたいおいしさです


ウニ

ウニ軍艦

とにかく鮮度抜群。先ほどまで海底にいたウニかと思うほど、新鮮で濃厚な味。そのウニが、積み重なって出てきます。3貫分はあります。圧巻のウニ軍艦。


数の子

数の子

コリコリの歯触り、口の中で旨みがはじけます。数の子の味付けも絶妙です。ポリポリ良い音がします。隣のお客様が、食べている音聞いてると、美味しいってわかるよ。と笑います


タマゴ

タマゴ


タマゴのコクと旨みが詰まっています。ほどよい甘さの味付けで、おダシのきいた深い味わいの卵焼きです。じゅわ~っと染み出る食感がたまりません。卵焼きって、こんなに美味しいの?と聞いてしまいます。

ボタンエビは、北海道で食べておかねばいけません
エビ握り


一番のおすすめは、ガリ

絶品のガリ

薄く丁寧にスライスされたガリ。とても上品です。甘み、酸味バランスがいいのです。


ところで、このお店の大将は、80歳を超え、今も現役です。寿司の技術だけではなく、笑顔の達人でもあります。
大将の人懐っこい笑顔と、ウィットに富んだ会話が、お客さんを魅了します。

カウンター席には、地元の常連さんと、出張で札幌を訪れたサラリーマン、大切な人をもてなそうと連れてきた人などが座ります。

木曽桧カウンター

一人で座っていても、いつの間にか、お隣のお客さんと会話をしているのは、大将の人柄です。

店は20年以上の年月が経ちました。
完成直後のピカピカした美しさはありません。
時間と共に、素材同士が馴染んできました。年月を重ねた美しさが感じられます。
壁も天井も、カウンターもすべてが同じ年月を経て、古びることなく、味わいが増してきました。
自然素材の建物は、長い年月を経て良さがわかるものです。

寿司懐石処 光 札幌市中央区北3条西22丁目

店内の様子と営業時間はこちら
http://www.kishinan.co.jp/gallery/zoom_store/028.php


ランキングに参加しています。クリックいただくと励みになります。どうぞよろしくおねがいします。

FC2ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

焼肉なら 木をふんだんに使ったこのお店

金剛園 本店
北海道苫小牧市にあるこのお店は、地元でも人気の焼肉店。

外観も印象的ですが、店内の、ノスタルジックな内装が魅力のお店です。
異なるインテリアの個室があり、それぞれ細部まで、趣向を凝らしています。

お店に入ると・・・

扉を開けると、目につく、太い欅の柱と、梁。
古民家のような、面皮付の欅が、どーんと掛けてあり、野趣あふれる重厚な雰囲気。

店の入り口

この太い梁は、全て手作業でホゾを彫り、木を組んでいます。古民家のような重厚な雰囲気が漂います。

手作業で製作した梁

このお店は、1階は4~5人くらいで食事ができる個室がメイン。
2階は、主に夜の宴会や会食などに利用され、大人数用の大きなテーブルの個室や畳の部屋があります。

それぞれの部屋は、細部までこだわりがあります

アンティーク風の照明は、部屋により異なるデザインをつけています
個室

窓の高さにも、こだわりがあります

個室

丸窓に格子の、和風な部屋もあります

個室

2階には、畳部屋があります ご年配やご家族連れには、ありがたい畳部屋です
畳の部屋

通路もノスタルジーな雰囲気です

通路

そこかしこに、ビューポイントがあります こちらの写真は、まんなかの黒いのモノは瓦です

ビューポイント

欅の1枚板を使った、ユニークな敷台です

敷台

印象的な外観

外観

要所に、太い柱や梁をあしらい、和風モダンな空間を演出。
味とサービスが良いと地元でも評判のお店です。

金剛園 本店
北海道苫小牧市新中野町3-9-6
TEL:0144-34-2828
11:00-23:00(ラストオーダー 22:30)

木をふんだんに使ったお店 金剛園 ほかおすすめのお店はコチラに
http://www.kishinan.co.jp/gallery/zoom_store/048.php

こちらをクリックお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

北海道 この店で食べ納め 寿司編

北国の寿司 花ぶさ

ヒノキの一枚板カウンター


一枚板のヒノキのカウンターで、数人の寿司職人の手際良い仕事ぶりを見つつ、握り寿司をいただく。
空港のレストランとは思えない、本格的な雰囲気とサービスが心地良いお店です。

ヒノキのカウンター厚みがある


ひとり、ふたりでの食事なら、はやりカウンター席がおすすめ。
奥行のあるカウンターで、ゆったりと、落ち着きます。



無節、一枚板の厚みのある桧を、丁寧に削り、仕上げた清潔感あるカウンターです。

触れると、ぬくもりがあり、しっとりとしています。

ヒノキの一枚板カウンター奥行がある
寿司職人と、やり取りを楽しみつつ、あざやかな手付きで握った、寿司を堪能できます。



数人での食事なら、シックなテーブル席がおすすめ。

ヒノキのテーブル

テーブルも桧を使用しています。

シンプルなテーブルですが、無垢材ですので、熟練の家具職人が外側からは、見えないところに反りを防ぐ細工をしています。
ゆったりとしたソファの4人掛けテーブル席のほか、2人席もあります。

ガラスケースや黒いソファは、まるで宝石店のようです。

宝石店のようなインテリア


陰影の美しい塗り壁、天井から、化粧梁がかけられ、和風でありながら、モダン。
細い格子のディティールや天井のデザインなど、どこか京都のような雰囲気が漂います。


空港での食事というと、ファミレス風なお店をイメージしますが、北国の寿司 花ぶさは、本格的なお寿司屋さんの雰囲気が、魅力です。テーブル席で、じっくりと雰囲気を味わいつつ、食事を楽しむもよし。
カウンター席で、おすすめのネタを聞きながら、握ってもらうのもよし、です。

ご家族連れでも利用しやすく、握り寿司のセットや海鮮丼、定食など、バリエーション豊かなメニューが揃っています。

花ぶさの看板


北海道の最後は、落ち着いた雰囲気で、本格握り寿司を食べたい。という方におすすめのお店です。

木をふんだんに使った商業施設 >> 花ぶさ 新千歳空港店
http://kishinan.co.jp/gallery/zoom_store/049.php


こちらクリックお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ : インテリア
ジャンル : ライフ

ろばた大助本店

平日でも、深夜でも、いつ行っても活気があるお店は、ホンモノだと思う。

大助本店カウンター

まずは、タモの一枚板のカウンターで生ビールをぐいっと。

日高産のししゃもを炭火で焼いてもらって。
大助本店日高産ししゃも


ぼたん海老は、プリップリで、あまーい。
大助本店ぼたん海老


毛蟹が贅沢に入っている「毛がにさつま揚」は人気メニュー。
大助本店毛がにさつま揚げ


ハーブ豚のソテー。ハーブ豚 十勝焼

大助本店ハーブ豚
今まで食べたことのないほどやわらかくてジューシー。かなり、おすすめ。

カウンター席では、こだわりの炭で焼く魚の香ばしい香りが楽しめて、
天井には、こんなガラス玉や干物がいい雰囲気

大助本店インテリア


数人で行く時は、小上がり席がおすすめです。
大助 小上がり

楢、タモ、桜の無垢材のテーブルは、どっしりとしていて、耳付の木でいい雰囲気です。
床はエンジュのフローリング。もちろん無垢の木
味に敏感なスポーツ選手も常連さんです。サインやグッズが飾られています。

マコレの一枚板テーブルが置かれた贅沢な個室もあります。
大助 個室

掘りごたつになっていますが、お隣の部屋と合わせると、巨木テーブルがドーンと置かれ、大宴会場になります。

味はもちろん雰囲気も、間違いなく北海道を満喫できます。
よそよそしさが、ぜんぜんないから、初めてでも入りやすいお店です。
カジュアルでありながら、食材もインテリアも贅沢な素材を使っているところが、魅力です。

ネットで、クーポンページをチェックして、お店に行ってみてください。

ろばた大助本店
http://www.oosuke.co.jp/index.html

こちらもポチっとクリックお願いします。
FC2ブログランキング

テーマ : 美味しくて、オススメ!
ジャンル : グルメ

初代牛タン 赤兵衛

ほど良い食感と旨み。
香ばしいジューシーなお肉。
塩加減がちょうど良い。

初代牛タン 赤兵衛

時々、食べたくなります。
牛タン焼き定食。

初代牛タン 赤兵衛

ご飯は、麦飯で、スープは濁りのない澄んだテールスープ。

こちらのお店は、北海道苫小牧にあり、地元の方ならきっとみなさん、ご存じの牛タン専門店です。

お肉に切れ目がちょっとだけ入っていて、食べやすく、しかも牛タンのあの歯ごたえ、食感が美味しいんです。

付け合わせに野沢菜が。お肉も野沢菜も麦飯に合います。
塩の効いたテールスープは、澄んでいて、じんわりと美味しい。

お店に入ると、右手にカウンターがドーンとあります。

カウンター楢一枚板

その奥に、牛タンを手際よく焼いている職人さん。

一枚板の楢のカウンター。

カウンター楢一枚板

よーく見ると、銀色に渋く光るデザインで、さり気なく、無垢材であると主張しています。


左側は、障子戸から日差しがやさしい、明るい小上がり席です。
タモテーブル

掘りごたつになっています。
4人で座ってもゆとりがある大きさのタモのテーブルです。

衝立があり、お隣の席に気兼ねなく、ゆっくりできます。

衝立があります

こちらのテーブルは、無垢材のタモを使っています。2枚のタモ材を並べ、接ぎ位置の中心部分は銀色のラインで仕上げています。
そこに、チギリで留めています。

タモテーブル銀色仕上げ

あまり見かけないオシャレなデザインです。
タモ材の割れ部分も銀色です。

無垢材ならではの、自然な落ち着いた雰囲気で、牛タン焼きを楽しめます。

男性のお客様が多いと想像していましたが、女性のお客様やご夫婦もいらっしゃって、お昼時となると、満席です。

赤兵衛外観

こういうオシャレな和風のお店だと、女性同士でも行きやすいですね。

初代牛タン 赤兵衛
北海道苫小牧市新中野町3-9-6
tel:0144-34-0089
11:00-15:00(ラストオーダー 14:30)
17:00-22:00(ラストオーダー 21:30)
金剛園/初代牛タン赤兵衛

テーマ : グルメ情報!!
ジャンル : グルメ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。