スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一枚板を使った、ちょっとこだわりのあるテーブル

街の家具店や住宅ショールームでは、なかなか見ることのない、一枚板を使ったテーブルやベンチです。

ちょっとこだわりのある写真のダイニングテーブルは

シマウマのような縞模様の木目が特徴のゼブラウッドという木を使っています。

ゼブラウッドのダイニングテーブル

こだわりのひとつは、丁寧に仕上げて、木の形を残した「耳」です。
木の外皮の表情をカタチに残した、耳付材を使っているので わずかにカーブした「耳」は、存在感があります。

耳付の一枚板のテーブル

天板だけではなく、脚にも耳付材を使っています。

耳付の一枚板を天板と脚に使用

もうひとつのこだわりは、天板と脚の木目を合わせている継ぎ目です。
みごとに木目が直角に伸びています。

ゼブラウッドのダイニングテーブルセット


ダイニングテーブルと同じ造りのベンチも継ぎ目が魅力です。

ベンチ


シンプルですが、木目が映えます。

ダイニングテーブルと同じ造りの、ベンチ


ゼブラウッドのように、はっきりとした木目の木は、ほかにベリがあります。

ベリ
ベリのカウンターも木目の美しさが印象的です


ゼブラウッド
http://www.kishinan.co.jp/shop/online/tze.php

ベリ
http://www.kishinan.co.jp/shop/online/tbe.php


これほど個性的な木目は、珍しいですが、もう少し落ち着いた雰囲気の栗や楢の木目もきれいです。


http://www.kishinan.co.jp/shop/online/tri.php


http://www.kishinan.co.jp/shop/online/tna.php

一枚板は、希少であることもあり、高額なモノが多いですが、一枚板の家具は、年月を経て、次の世代に移り変わっても、一枚板の価値は変わらないと思います。
素材としても、十分な耐久性がありますし、造りの良い家具であれば、次の世代、その次の世代へと受け継げるモノではないでしょうか?

毎日のように目に触れ、手に触れるテーブルのような家具にこそ、良いモノを使ってみるのもわるくないと思います。


できましたら↓↓クリックおねがいします。
FC2ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

お客様が来る時だけ広々と使えるテーブル

ダイニングテーブルは、スペースをとるので、テーブルのサイズ決めは重要なポイントです。

1600ミリ、奥行800ミリのテーブル タモ


大きなダイニングテーブルが欲しいけれど、部屋が狭くなるのはイヤ、

でも
お客様が来る時だけは広々と使える大きさのテーブルが欲しい。。。

というお客様が、

購入されたのが、上の写真のダイニングテーブルと奥行が同じ800mmのスクエアテーブルです。

800ミリの正方形のテーブル


横幅1600ミリ、奥行800ミリのテーブルに800ミリの正方形のテーブルを組合わせるということで

ふたつのテーブルを並べて使えば、2400ミリの大テーブルに変身。

ふたつのテーブルを並べて使えば、2400ミリの大テーブルに


普段は、横幅1600ミリのダイニングテーブルを使い、

普段は、1600ミリのダイニングテーブルを使用


800ミリの正方形テーブルは、キッチンで作業テーブルとして活躍。
必要な時だけ、2台を並べて使います。

いろいろな活用方法がありそうな、2台のテーブルを組合わせるアイデア。

参考にしたいと思います。

木のテーブル週間の期間中は、限定10台に限り、ダイニングテーブルがお得な価格にて販売しています。
この機会に、ちょっと木のテーブルのこと、家の住みやすさのこと、考えてみてもよいですね。

木のテーブル週間は10月4日午前10時まで
http://www.kishinan.co.jp/shop/zoom_table/t_week.php
木のダイニングテーブルのくわしいことはコチラです
http://www.kishinan.co.jp/shop/zoom_table/we_dta001.php

FC2ブログランキング


テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

無垢材テーブル 木の持ち味がいきる「琥珀」

オシャレでリッチなガーデンパーティーのようなステキな空間。
中でもひときわ存在感のあるダイニングテーブルは、水楢を使用しています。

リッチなガーデンパーティーのようなステキな空間


厚みは5センチ近くあり、重厚感があります。

自然のカーブを描く木の耳が、自然できれい

自然のカーブを描く木の耳が、とても自然できれいです。


大きく引き裂かれたような割れは、半透明な琥珀色に仕上げています。
中が透けて見え、長い年月を経てきた木の歴史が感じられます。
割れは、半透明な琥珀色に仕上げています


野趣あふれるのに、上品な存在感。
希少な巨木の楢材を、自然なままに仕上げたこの技法は、1本、1本の木の状態によって、様々にデザインされます。
この技法は、木の状態によって、様々に


通常、木の割れは、詰め物をしたりしてどちらかというと、隠すように仕上げていきます。

木割れを隠さず「魅せる」という技法です

この楢のように、木割れを「魅せる」という技法もアリだと思います。


この楢テーブルのもっと詳しいページはコチラです。
http://www.kishinan.co.jp/gallery/zoom_table/dt_tna003.php


楢材のほかにも柳に琥珀色で仕上げたダイニングテーブルが現在展示しています。
お店へのアクセス
http://www.kishinan.co.jp/about/kishinan/map.php


琥珀仕上げのほか、過去の記事で紹介した
無垢材テーブル 木の持ち味を引き出した「SUZU」もオシャレな仕上げ方法です。
http://kishinan.blog.fc2.com/blog-entry-64.html


クリックおねがいします。


FC2ブログランキング


テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

ウォールナットのテーブルと木工

高級家具のイメージがあるウォールナット

色も木目もきれいで、自然な光沢があるので、小さな木片でさえも、ミニトレーにして、オシャレに使えます。

ウォールナットのミニトレー


ウォールナットの木は、クルミの仲間です。
ウォールナットの産地は、アメリカの東部や、カナダです。

日本のクルミは、鬼胡桃というクルミの木です。

日本の鬼胡桃は、ほんのり濃色なのに対し、




続きを読む

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

一枚板の見分け方 - 1

無垢材のテーブルカウンターは、一枚板巾接ぎがあります。
一枚板巾接ぎかを見分ける時は、木口を見ればわかります。
木口は、テーブルの短い方の側面です。

木口を見てわかります

一枚板のテーブルが欲しいと、思う方も多いのですが、
例えば、奥行が1メートルの幅の広いテーブルを作るには、原木の太さは1メートル以上の太い幹の巨木でなくては、製作できません。
大きな木は、とても希少で、なかなか手に入らないのが現状です。


一般的な無垢材のテーブルは、ほとんどが巾接ぎ天板のテーブルです。

巾接ぎ天板とは、巾方向に、木と木を接ぎ合わせて、奥行のある広いテーブル天板のこと。

続きを読む

テーマ : インテリア
ジャンル : ライフ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。