スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タモのテーブル 修理再生を考えて

修理再生を考えた無垢の木のテーブルをつくろう

タモのテーブル 再生できるシルバーラインバージョン

木心庵のコウノ社長は、数年前から本格的に
100年も200年も使える木の家具を考えてきました。

200年使える。
とは言っても、
持ち主はそんなに長生きできないわけですが、
次の世代にも、使ってもらえるように、形を変えて使うこともできる仕様です。

修理再生できる無垢の木のテーブルは、

アンティーク家具と呼ばれる年月を経ても使えるように、丈夫な造りで。

古民家の柱や梁を新築に取り入れる古材のように、再生可能な構造を。

テーブルが本棚やデスクになったり、カウンタートップになったり、が可能なのです。

シルバーに渋く光るラインが自然な感じで、さりげなくオシャレ。
リボン型のちぎりが適所に施されている感じも、かっこいいです。
木目がきれいなタモのテーブル。

タモのテーブル 再生できるシルバーラインバージョン

オイルフィニッシュ塗装を終え、完成したところを、ヒロコさんが撮影してくれました。
未塗装の写真は、コチラのページでどうぞ
記事名:マンションはモダンナチュラルに木のダイニングテーブル

両耳付です。
木裏使いにして、耳の部分がさりげなく見えます。さりげなさがいい雰囲気です。
両耳の片耳は、中心のシルバーに渋く光るところになります。
ただ、まっすぐの、センター2枚巾接ぎではなく、
耳の表情を残しつつ、2枚巾接ぎにしているところが、味わいがあります。

反り止めがしっかりと施してあり、100年も200年も使えます。
しかも、
後世のために、再生できるように、極力シンプルな構造にしています。

木の部分は、ほとんど再生できます。
シルバーの部分は、錫です。
錫も再生可能で、熱して溶かし、錫だけを取り出せます。
取り出した錫は、再び使えます。

木の部分は、棚の天板や、机などまったく違う家具を作る事ができます。
タモのテーブル 再生できる部分

写真の矢印は、再生可能な巾を示しています。幅が広いので、様々な家具に造り替えができます。

木の寿命は、100年とも1000年とも言われています。

その年月の分だけ、ちゃんと使ってあげたい。

そういう思いが込められたテーブルです。
スポンサーサイト

テーマ : インテリア
ジャンル : ライフ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。