スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無垢材テーブル 木の持ち味がいきる「琥珀」

オシャレでリッチなガーデンパーティーのようなステキな空間。
中でもひときわ存在感のあるダイニングテーブルは、水楢を使用しています。

リッチなガーデンパーティーのようなステキな空間


厚みは5センチ近くあり、重厚感があります。

自然のカーブを描く木の耳が、自然できれい

自然のカーブを描く木の耳が、とても自然できれいです。


大きく引き裂かれたような割れは、半透明な琥珀色に仕上げています。
中が透けて見え、長い年月を経てきた木の歴史が感じられます。
割れは、半透明な琥珀色に仕上げています


野趣あふれるのに、上品な存在感。
希少な巨木の楢材を、自然なままに仕上げたこの技法は、1本、1本の木の状態によって、様々にデザインされます。
この技法は、木の状態によって、様々に


通常、木の割れは、詰め物をしたりしてどちらかというと、隠すように仕上げていきます。

木割れを隠さず「魅せる」という技法です

この楢のように、木割れを「魅せる」という技法もアリだと思います。


この楢テーブルのもっと詳しいページはコチラです。
http://www.kishinan.co.jp/gallery/zoom_table/dt_tna003.php


楢材のほかにも柳に琥珀色で仕上げたダイニングテーブルが現在展示しています。
お店へのアクセス
http://www.kishinan.co.jp/about/kishinan/map.php


琥珀仕上げのほか、過去の記事で紹介した
無垢材テーブル 木の持ち味を引き出した「SUZU」もオシャレな仕上げ方法です。
http://kishinan.blog.fc2.com/blog-entry-64.html


クリックおねがいします。


FC2ブログランキング


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 家具・インテリア
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。